• OVERHEAT MUSIC

Ska-Flames

●過去の作品を聴き返してみても、作品を重ねるごとにメンバーそれぞれが持つ音楽性やエッセンスが音に反映されているのが面白い。

I:それだから、結構続いてるのかもしれないですね。みんなのいいとこ取りでね。

M:The Ska Flamesには譜面が読めないメンバーも多いし、そもそも楽譜が存在しないんだけど、それでも伊勢なんかはホーンの和音を耳で聴いて『この音が足りないんじゃない?』ってアドバイスして、それがThe Ska Flamesならではの和音になっていったりするんだよね。

I:ここであえて変な音入れたらいいんじゃないとか、ここは気持ち悪くていいよねとかね。クラシックをちゃんと学んでる人にしてみれば、頭が痛くなるようなハーモニーかもしれないけど(笑)。

●それはジャマイカン・オールディーズから影響を受けた美意識や価値観から来るものなんでしょうね。

M:そうですね。独特な和音がある。それに俺なんかは、戦前ブルースとかシカゴ・ブルースが好きで。音楽を聴きながら時代背景に思いを馳せたり……音楽って、人間の生活に密接じゃないですか? ジャマイカでスカが生まれたり、ロックステディに移行したりするのも、当時の時代というものが反映されてるんだろうし、そういうのがすごく気になるんだよね。

●では、The Ska Flamesが演奏している音楽は、今の時代が反映されてると思いますか?。

M:直接、今の!最新の音楽!という反映のしかたではないかもしれません。ヴィンテージ音楽は元になっていますから・・。音には反映してないんじゃないかな。ただ、それぞれが自分の職業をもって働きながらも長く続けられるバンドがいてもいいんじゃないの? とはずっと思ってます。アマチュア・バンドからプロになる時に、みんな仕事を辞めて事務所に入って、事務所から給料もらってるけど、売れなくなったらクビになってとか、そういう例がたくさんあるじゃないですか? それはちょっと違うだろうなっていうのは、当時からメンバーみんなで言ってましたよね。

●直接的に時代は反映されてないけれど、メンバーそれぞれの生活が音楽に表れてるかもしれない。

I:それはあるでしょうね。

M:バンドとしても、ここにきて活性化してきてると思う。この前、東北ツアーをやってきたんだけど、ライヴやった翌週って普通は練習を休むメンバーが多いんですよ。一応、スタジオは毎週押さえてあるんだけど、1人か2人しかこないこともあるし、そうなったら個人練習にしちゃうんだけど、その日は7人も来ちゃって。みんなお互いに『来るとは思わなかった!』みたいな顔しちゃってさ(笑)。

●それはなんでなんですかね?。

M:やっぱり、自然と足が向くんじゃないでしょうか?。

●結成30周年を前にして、ふたたびフットワークが軽くなってきた?。

M:The Ska Flamesって、もともとオープンなバンドだったと思うんだよね。僕ら、単なるパーティ・バンドですからね(笑)。

そんな〈パーティ・バンド〉がオーガナイズするライヴ・イベントが、12月23日に開催される。しかも今回は、SHEENA & THE ROKKETSとの2マンということで、期待も高まる。

M:僕は高校生ぐらいから、鮎川誠さんがずっと憧れで……僕はサンハウスは直接観たことがなかったけど、紫垣さんは観たことあるって言ってたね。で、SHEENA & THE ROKKETSのデビュー盤は当時買ってて、ライヴを観に行ったらエライかっこよくてね。今まで共演する機会がなくて、実は去年一緒にやるはずだったんだけど諸事情で先送りになって。それから1年経って、あらためてお願いに行って。まだ詳しくは言えないけど、お互いのステージに加わって共演するってアイディアもある。もし俺らの曲で鮎川さんと一緒にやれたら、もう鮎川さんには気が済むまで延々とソロ弾いてもらいたいね。俺はそれを横でニヤニヤ眺めながら、涙流してるかもしれない(笑)。DJには大貫憲章さん、山名昇さん、CLUB SKAのメンバーが参加してくれることになった。大貫さんとも久々にご一緒出来るし、山名さんは我々がデビューする以前、それこそブラックホークに通ってた時代からよく書いてくださってた。そうやって縁のある方々がまた協力してくれるのは、嬉しいことだよね。

●来年(2015年)には、The Ska Flamesが30周年を迎えます。今後の展望はありますか?。

M:来年30周年を迎えるんで、なにか出来たらいいなって思いますね。もうなんでもいいんですよ。演奏付きの飲み会でも(笑)。まあ、来年もがんばってやりたいです。なんたって、スカタライツもまだやってるしね。もしこの先、メンバーが順番に亡くなっていったとしても、俺らの息子や娘が加入していくのも面白いよね(笑)。それで古い曲を演奏してくれれば嬉しいしね。

〈Ska Flames〉web


ページ: 1 2