• OVERHEAT MUSIC

世界いちのレゲエオンリーのフェスティバルSumFest 2019


Text & Photo by Jun Tochino(Labrish Guest House Kingston)

常夏の島ジャマイカでも、6〜8月は1年の中でも特に暑い。その暑い7月に行われるレゲエオンリーの音楽フェスが サンフェス(Sumfest)。もちろんアツいステージ。

今年もジャマイカにも夏が来た。ジャマイカは常夏の島ですが、6〜8月は1年の中でも特に暑く、その暑い夏に毎年行われるレゲエオンリーの音楽フェスが サンフェス(Sumfest)で、ジャマイカ第2の都市モンティゴ・ベイで毎年7月の第2週に行われます。

数年前まではR&Bやヒップホップの大スターたちを海外から招いてもいたのですが3年前からはマネージメントが変わったことで、海外からの招聘をやめてジャマイカのアーティストだけに絞りレゲエに特化したフェスになりました。フェスは7日間開催、初めの4日間は海外の客を歓迎するウエルカム・パーティやビーチ・パーティのダンス主体のパーティが日替わりで行われます。そして5日目が海外のサウンド・システムを招いたサウンド・クラッシュ、最後の2日間がメイン・イベントで6日目はダンスホール・ナイト、7日目はインターナショナル・ナイトというステージショウです。

Day 5 Sound Clash

私は4日間のダンス・パーティーには参加せず5日目のサウンド・クラッシュから行きました。今年のクラッシュは日本からヤード・ビート、ジャマイカからリッキー・チューパーとピンク・パンサー、カナダチャンピオンのキング・ターボ、イタリアからウォリアーの5サウンドが参戦しクラッシュを行いました。さすが世界のサウンド・クラッシュを勝ち抜いている強者揃いで、1回戦から全サウンドが素晴らしいダブをかけまくり、甲乙付けがたい戦いでした。2回戦でチューパーが脱落、3回戦でキング・ターボが脱落、4回戦で惜しくもヤード・ビートが脱落、そしてチューン・フィ・チューンでパンサーとイタリアのウォリアーの一騎打ちとなりウォリアーが優勝。ウォリアーはイタリア人なのに英語がとても上手く、ストーリーを作りながら曲をかけるスタイルは、イギリスのデヴィッド・ロディガンを思い起こさせるものがありました。私が一番心に残ったダブはキング・ターボのかけたミュージカル・ユースの「Pass The Dutchie」で、今まで聴いたことが無いダブが聴けたことでした。

Day 6 Dancehall Night

6日目のダンスホール・ナイトと7日目のインターナショナル・ナイトは、会場が大型の野外コンサート会場のキャサリン・ホールで行われます。今年のダンスホール・ナイトは盛りだくさん、目玉はビーニ・マンとバウンティー・キラーのDJクラッシュ、そして話題の若手女性DJコフィー、さらにクロニクス。

ショウは夜8時くらいから若手でスタートし、11時くらいからはムンガ、スプラガ・ベンツ、エレファント・マンと進んでいきました。スプラガは懐かしの90’sチューンの連続、そしてエレファント・マンは全身金色の戦士のコスチュームで登場。これぞダンスホールといった曲で全てが歌えて踊れるステージングはなかなか楽しめました。その後アサシン(エージェント・サスコ)、そして女性DJクイーンのスパイス。彼女はステージ中央に用意されたスピーカー・ボックスの中からいきなり現れ、ダンサー10人を引き連れて自分も踊り、見事に貫禄のステージング。そしてバイブス・カーテルとの曲「ランピン・ショップ」ではバイブス・カーテルを“自分を一線に引き上げてくれたキング”とビッグアップ。4回も衣装チェンジをしたステージンングは流石DJクイーンでした。

そして次はダンスホール・ナイトの目玉ひとつ、ビーニ・マンVSバウンティー・キラーの歌詞でのDJクラッシュ。この2人とブジュ・バントンは同じ1973年生まれで、90年代にはスリーBと言われていましたから、この3人がサンフェスに出演するのは凄い事件で、特にビーニ・マンとバウンティー・キラーは1993年のスティングでのクラッシュを皮切りに因縁のライバルであり、長い間DJキングの座を争い、ビーフ合戦をしてきたことでも有名です。1995年に、ラジオDJが仲を取り持ち、二人をRJRのスタジオに招き、彼らは休戦となっていますが、その因縁の2人が今回はステージで完全に友好的なクラッシュが行われたのも今回のサンフェスの凄いところ。

スタートはバウンティー・キラーの当時の問題のきっかけ“people dead“の叫び声、そしてビーニへ。90年代のクラッシュ・チューンを掛け合い歌っていく見事な約1時間の圧巻のステージ。いつもなら睨み合いながらのステージが今回はお互い笑いながら楽しんでいる感じ満載のステージでした。この2人が和解、こんな時代が来るなんてと10年前には思いもしませんでした。私にはジャマイカ・レゲエ史に残る事件です。「あなたどっちが良かった?」って聞かれるなら私は絶対キラー派です。

一転して次は若手注目の女性DJコフィー。17年10月にデビューした若干18歳。今年2月のレベル・サルートの時にはまだぎこちなかったステージングもかなり良くなってヒット曲「Raggamuffin」「Rapture」「Burning」「Toast」の4曲を歌って爽やかに去って行きました。

▼▼次のページへ▼▼


ページ: 1 2