• OVERHEAT MUSIC

今号も無料のRiddim 348号発行!特集はゲーリー・パンターなど!またも保存版!

1983年の創刊以来36年間発行しているフリーペーパーRiddimの348号が発行、配布を開始しています。
表紙はアーティスト、ゲイリー・パンターの描いた「ミル・マスカラス」。OVERHEATとゲイリー氏の付き合いは、既に35年を越える。今はレゲエ・レーベルと思われているOVERHEATレコードだが、最初のリリースは1983年、ゲイリー・パンター『Play For Smurph』というアルバム。参加ミュージシャンはレジデンツ、イアン・マクレガン、小原礼などトンデモナイ布陣だった。今号ではそのLPとCDも紹介しているが、ペインティングから作品集、フィギュアまでを26ページにわたって大特集。もちろん、インタヴューは必読です。



他に、RVCA WORLD TOURで来日したアーティストアレクシス・ロスのインタヴューと作品、セルフタイトルアルバムをリリースしたTHA BLUE HERBのILL-BOSSTINOの写真とインタヴュー。レゲエ関連は、ジャマイカのサウンド・レジェンドSTONE LOVEのRORY、トチノ・ジュンさんによるSUMFEST 2019レポート、12月に来日するジャマイカン・ミュージックの生き証人アンセル・コリンズのインタヴューを、そして先日Riddimプレゼンツで発行された書籍「Technics SL-1200の肖像」の著者細川克明氏、編集者と石井“EC”志津男による鼎談などを掲載しています。

急遽決定ですが、ゲイリー・パンターの表紙をプリントしたTシャツもOVERHEATのウェブショップのみで限定販売いたします。

Riddimはいつも通り無料です。ストリート・ウェアのショップやレコード・ショップなどで入手できますが、送料のみでお送りもしています。

OVERHEAT ONLINE STORE
http://overheat.shop-pro.jp