• OVERHEAT MUSIC

ボブ・マーリー生誕75周年を祝うモンティ・アレキサンダーのライヴが開催

 ジャマイカ系アーティストの来日は、あまり多くない日本だが、今週末は、マキシ・プリーストの大阪、東京のビルボードライブでの来日公演が予定され、来月の頭にはジャマイカ出身のピアニスト、モンティ・アレキサンダーがボブ・マーリーの生誕75周年を祝うスペシャル・ライヴをブルーノート東京で行う。
ジャマイカ出身ながら正統派ジャズ・ミュージシャンであるモンティは、時にはスライ&ロビーや、アーネスト・ラングリンといったアーティスト達とレゲエ、ロックステディのカバーを盛り込んだアルバムを発売し、来日ライブも行なっている。
2006年にはボブ・マーリーのトリビュート作品『コンクリート・ジャングル』を発表、昨年はリコ・ロドリゲスの名作アルバム『Man From Wareika』からインスパイアされたとおぼしき『Wareika Hill』という作品もリリースしている。
今回の来日では、「ボブ・マーリー生誕75周年」のスペシャル・ライブと銘打ち沢山のボブ・マーリー楽曲の演奏を聴くことも出来るらしい。
生まれはボブ・マーリーより1年早い1944年、キングストンに生まれ同じ時代を生きた彼だけにボブ・マーリーに対する思いも強いはずだ。


MONTY ALEXANDER
“Wareika Hill” & “A Celebration of Bob Marley’s 75th Anniversary”
2020 2.6 thu., 2.7 fri., 2.8 sat.
ブルーノート東京

詳しくは
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/monty-alexander/