• OVERHEAT MUSIC

NEWS

2日間のみ限定公開!昨年のGladdy Unlimitedのライブ音源 (2019/11/14)

g-unlimi_2018_audio_youtube

Gladdy Unlimitedまであと3週間。昨年のGladdy Unlmitedのライヴ音源を2日限定で公開します。 ジャマイカからのスペシャル・ゲストに隠れて日本人アーティストの素晴らしさをアピールできていないと反省。 そこで、日本人だけのパート約40分を(金~土曜限定で)公開します。 Mat [...]


»続きを読む

ADRIAN SHERWOOD来日公演 / オーディオ・アクティブ、ドライ&ヘビーのメンバーを中心に集結した一夜限りのスペシャルバンド “ROOTS OF BEAT” が出演決定! (2019/11/13)

11121643_5dca62a07faad

刺激的なダブミックスを武器にそのレフトフィールドなサウンドで、音楽シーンに多大な影響を及ぼして来た伝説的プロデューサー、エイドリアン・シャーウッドの来日公演がいよいよ来週金曜日、11月22日に迫る! 『Time Boom X The Upsetter Dub Sessions』と名付けられた今回のイ [...]


»続きを読む

フォトグラファー 石田昌隆「1989 If You Love Somebody Set Them Free」が刊行! (2019/11/13)

ishida

フォトグラファーであり音楽評論家の石田昌隆氏が、ベルリンの壁が崩壊した1989年から2019年の現在までの30年間、断続的に東欧を旅した際に撮影をした写真と旅行記に、様々な場所で撮影したミュージシャンや映画監督のポートレイトを組み込んだ貴重な記録をまとめた書籍が刊行。副題に「ベルリンの壁が崩壊してジ [...]


»続きを読む

Riddim No.348 発行記念として11月8日に原宿DEUSにてスペシャルイベントが開催!! (2019/11/5)

DEUS1108

先日、発行したRiddim No.348を記念してスペシャルイベントが開催。場所は、オーストラリア発のサーフィン、モーターサイクルを軸にライフスタイルを提案するブランド、DEUSのフラッグショップであるDEUS EX MACHINA。今回の表紙も描いているアーティスト、ゲイリー・パンターのこれまでR [...]


»続きを読む

書籍「Technics SL-1200の肖像」の発売を記念してトークイベント「HISTORY OF SL-1200」が11月4日に開催!! (2019/11/1)

IMG_9383

 Riddimプレゼンツでリットーミュージックから発行された書籍「Technics SL-1200の肖像」。 シリーズ累計売り上げ350万台以上を誇るタフなこのターンテーブルがあったからこそDJカルチャーが大きく発展したと言っても過言ではない。 SL-1200シリーズの基本的なデザインや機能は、既に [...]


»続きを読む

今号も無料のRiddim 348号発行!特集はゲーリー・パンターなど!またも保存版! (2019/10/30)

riddim348_L

1983年の創刊以来36年間発行しているフリーペーパーRiddimの348号が発行、配布を開始しています。 表紙はアーティスト、ゲイリー・パンターの描いた「ミル・マスカラス」。OVERHEATとゲイリー氏の付き合いは、既に35年を越える。今はレゲエ・レーベルと思われているOVERHEATレコードだが [...]


»続きを読む

ベン・ハーパー来日決定!オリジナルのイノセント・クリミナルズと単独ツアー! (2019/10/29)

BEN_HARPER'S BAND_FESTINEUCH2019_SVENDEALMEIDA_HD

94年にアルバム『ファイト・フォー・ユア・マインド』でメジャー・デビュー以来、様々なジャンルへアプローチを続けるベン・ハーパー。ブルース、ロック、レゲエなどのエッセンスを取り込みカテゴライズ出来ない彼の幅広い音楽性は、ジャック・ジョンソンのデモを聞き彼の才能をいち早く見いだしたことなどでも証明できそ [...]


»続きを読む

彩湖レゲエ・ピクニック中止のお知らせ (2019/10/20)

saiko_2

Riddim Onlineも協力していた10/27「彩湖レゲエ・ピクニック」が残念なことに中止です。台風19号のために会場の公園全体が木も見えないほど冠水して、完全復旧には2~3ヶ月がかかるそうです。 楽しみにしていてくださった皆様、またいつかリベンジをしたいと思っています。 来年の春くらいには、爆 [...]


»続きを読む

ジャマイカのレジェンド・キーボーディスト、アンセル・コリンズがGladdy Unlimitedに参戦決定!キーボード4名の熱演、さらに哀愁のトランペッターも!! (2019/10/17)

RIDDIM_template_6P

アンセル・コリンズがやって来る。それも何百曲も共にセッションした盟友グラディ・アンダーソンの功績を讃えるGladdy Unlimitedにシンガーとして、もちろんキーボーディストとして参戦する。1960年代にキャリアをスタートした時はシンガーなのだ。 アンセルは、あのレゲエ・トラックで最もリメイクさ [...]


»続きを読む

TechnicsからプロフェッショナルDJヘッドホンが発表された。 (2019/10/9)

DJ1200_K_main2(PKG)_190529

パナソニックのTechnicsターンテーブルの本「SL-1200の肖像」が刊行されるニュースを先日お伝えしたが、今度はそのTechnicsのDJヘッドホンが新登場する。 過去のロングセラーモデルであったDJヘッドホンRP-DJ1200をベースに、音質や操作性・耐久性をさらに向上させたステレオヘッドホ [...]


»続きを読む

ついに4回目の無料 !!「彩湖レゲエ・ピクニック」開催発表! (2019/10/3)

saiko_2

1960年代のジャマイカから発祥したレゲエ・ミュージックは、今や全世界に広まり昨年はユネスコの世界文化遺産にも登録された。レゲエは、野外が似合う。それもそのはず、ジャマイカではサウンドシステムという野外ディスコで長く親しまれ発展してきたからだ。 「彩湖レゲエ・ピクニック」は、野外でスピーカーを積み上 [...]


»続きを読む

このターンテーブルがカルチャーを作った!音楽の未来を変えた伝説の名機Technics SL-1200にまつわる究極の本が世界初登場する! (2019/9/30)

sl1200_book_cover

また今年も、Riddim プレゼンツの本が登場する。 今年の1月にラスベガスで開催されたTechnics Sl-1200MK7のローンチ・パーティーは世界的な評判だった。それもそのはず、このターンテーブルが存在したからこそ現在のヒップホップやクラブ・ミュージックが誕生し隆盛してきたのだ。このタンテが [...]


»続きを読む

80年代の深夜をぶっちぎっていた番組「FM トランスミッション バリケード」を 、再評価するイベントが今週末に開催! (2019/9/8)

barricade

90年代のRiddim誌には“BARRICADE”の広告が長い間ずっと掲載されていた。 “BARRICADE”というのは1984年4月から1991年12月まで東京FMの土曜深夜(3時~4時)に放送されていた音楽番組で、正式には『FMトランスミッション・バリケード』というタイトルだった。このラジオ番組 [...]


»続きを読む

ベルリンの壁崩壊30周年にちなみ、壁をテーマにしたBLACK SMOKER RECORDS主催の総合舞台芸術公演、『BLACK OPERA – 鈍色の壁 / ニブイロノカベ -』が開催される。 (2019/9/6)

BLACK-OPERA-flyer

ベルリンの壁の崩壊から30年を迎える今年、11月16日と17日の2日間に渡って異端/異能集団BLACK SMOKER RECORDSが仕掛ける総合舞台芸術作品『BLACK OPERA』が、昨年に引き続き再びゲーテ・インスティトゥート 東京ドイツ文化センターで開催される。 今年の公演タイトルは『鈍色の [...]


»続きを読む

ザ・ブルーハーブが8月15日のために作ったMVを今日公開。あの戦争で兵隊だった人達に寄せる想いを歌った「REQUIEM」 (2019/8/15)

tbhr_jk

全30曲入り2枚組アルバムを「THA BLUE HERB」をリリース、そのクオリティの高さに驚いた人たちも多かっただろう。そのアルバム発表前のTBHのコメントがコレだ。 「我々も既に47歳。ヒップホップの何が好きか、自分達の音と言葉で表したいヒップホップとは何か、もうはっきり見えている。安い早い軽い [...]


»続きを読む

RVCA WORLD TOUR がここ東京でスタートする。形にとらわれないこの独創的かつユニークなイベントは7月29日からスタート。 (2019/7/26)

RVCA-TOKYO-EVENTS_PUBLIC_0717_1

 RVCA(ルーカ)は、“The Balance Of Oppsites”(相反するものが共存するさま)をコンセプトに、アート、音楽、ファッション、そしてモダンライフスタイルを融合させながら独自のブランドを確立してきた。 例えば、今や数々のブランドがアートショーをサポートするが、RVCAは有名無名の [...]


»続きを読む

デンジャラス! DUBFORCEが新しいイベント”HOPE”をスタート。ジャンルを越えたゲストに加え 東西のカレーマニアが通う2店が奇跡の特別出店 !! (2019/7/23)

hope-01_flyer_front

今こそ新しい希望の時、”HOPE”の時代だね。というわけで定評ある実力ライヴ・ダブバンドDUBFORCEが、今年初のライブに向けて動き出し、新しいイベント”HOPE”をスタートさせる。しかもこのイベントはリキッドルームの15周年記念のひとつでもある。 [...]


»続きを読む

カールトン・マニング(&ザ・シューズ)とストレンジャー・コールの誕生日記念に『Ruffn’ Tuff/ ジャマイカン・ミュージックの創造者たち』が、ついに電子書籍化 (2019/7/16)

ruffn_tuff_book_cover

今なお現役バリバリで活躍中のジャマイカン・レジェンド二人、カールトン・マニング(&ザ・シューズ)とストレンジャー・コールの誕生日は、ストレンジャーが今月7月26日で77歳、カールトンは翌27日に81歳になる。これを讃えてEブック化が実現。ちなみにカールトンは、2006年のドキュメンタリー映画「Ruf [...]


»続きを読む

二人のカメラマンによるニトロの写真展”LIVE19″ が開催される! (2019/7/16)

nmu_photoexhibition

 MACKA-CHIN、DABO、DELI、GORE-TEX、S-WORD、SUIKEN、XBS、BIGZAMの総勢8MCによるヒップホップ・グループNITRO MICROPHONE UNDERGROUND。 2012年からグループの活動を休止していた彼らだが、結成20年を迎え、DJ HAZIMEと [...]


»続きを読む

あのボブ・マーリー襲撃事件の秘密に迫る小説。キングストン出身作家マーロン・ジェームスのブッカー賞受賞作『七つの殺人に関する簡潔な記録』、ついに日本語訳が発売! (2019/6/20)

七つの殺人に関する簡潔な記録

 イギリスの文学賞で最も権威のあるブッカー賞を2015年に受賞したマーロン・ジェームスの『A Brief History of Seven Killings』が、日本語訳で『七つの殺人に関する簡潔な記録』のタイトルで出版された。ちなみに訳者はラテンアメリカ文学家である旦敬介が700ページ越えの長編訳 [...]


»続きを読む